相続人は誰か?

亡くなられた方の配偶者は常に相続人になります。 それ以外に、相続人の範囲と順序が決まっています。

亡くなられた方(被相続人)が
遺言を残していない場合、相続人の範囲と順位が
民法によって定められています。
“相続人は誰か?”の詳細は »

成年後見人になったときの役割とは

家庭裁判所は最も適任であるとと思われる人物を方を成年後見人として選任をしますが、実際にはどのようなことをするのでしょうか。

成年後見制度は精神上に障害ある人、知的障害者、記憶力に障害がる高齢者など、
判断能力が衰えてた方を保護する為の制度です。
“成年後見人になったときの役割とは”の詳細は »

債務はどのように継承されるのか

相続ではプラスの財産だけでなく、マイナスの財産も相続をするということになります。

被相続人の遺産というのはプラスの財産とマイナスの財産がありますが、
遺産分割協議の対象となるのはプライスの財産だけなのです。

“債務はどのように継承されるのか”の詳細は »

原本還付請求とはどういう手続きか

登記申請時に使用した書類は原本還付請求の手続きを行なうことで法務局から返却してもらえます。

相続登記の申請をするには戸籍謄本、住民票、遺産分割協議書、印鑑登録証明書
など様々な書類の原本を提出します。法務局へ提出した書類は原則としては
返却されることはありません。しかし、特別な手続きすることにより、これらの
書類を登記完了後に返却してもらうことができます。
“原本還付請求とはどういう手続きか”の詳細は »

相続した不動産に抵当権が設定されていたら

相続した不動産に設定されている抵当権抹消するために早めに登記をすることが必要です。

相続した不動産に抵当権が設定されていた場合、抹消をするにはどういった
手続きが必要なのでしょうか。
“相続した不動産に抵当権が設定されていたら”の詳細は »

季節の果物は料理でも美味しさを楽しみます

旬の果物は組み合わせて調理をするとまた新しい美味しさを発見できます。

11月も下旬となり、冬を感じる日々が多くなりました。
まだまだなんとなく秋を楽しみたいと思うのは食卓の上でも同様です。
“季節の果物は料理でも美味しさを楽しみます”の詳細は »

相続人の存在が不明なときの相続財産法人とは

相続人に不存在の疑いがある場合には相続財産は相続財産法人という法人になり、家庭裁判所が相続財産管理人を選任します。

相続人に不存在の疑いがある場合には相続人が現れるまでその相続財産を管理し、
相続人の不存在が明らかとなれば相続財産を清算し、最終的な帰属を決める必要があります。

“相続人の存在が不明なときの相続財産法人とは”の詳細は »

工夫で相続の遺言でできることは色々だ

遺言で相続分の指定をしたり、遺贈をしても、遺留分の範囲で遺言の自由が制限されることがあります。

多岐にわたります。

紛争が生じてしまうといったことを防ぐため、遺言によってしかでき
ないような事項もあるのです。
遺言で相続分の指定をしたり、遺贈をしても、遺留分の範囲で遺言の自由が制限されることがあります。

個々の要件は法律によって定められています。法的に無効な遺言書だったというのなら、意味がなくなってしまいます。
ようするに、「法的に有効な遺言書」は決まったルールがあるという
ことになります。
“工夫で相続の遺言でできることは色々だ”の詳細は »

次の3つの相続の特徴を知っておくとばっちりです。

相続の放棄をしようとする者は、その旨を家庭裁判所に申述しなければならない。

相続放棄・・・・財産も債権もすべて引き継がないその1:相続人が単独で放棄することが出来る。

その2:相続開始から3カ月以内に家庭裁判所に申し出る。その3:相続放棄の手続きをとらずに、遺産を相続しないということもできる。
“次の3つの相続の特徴を知っておくとばっちりです。”の詳細は »

家族が円満にすすめる相続とはなんだろう

それは遺言です。マイナスの財産や負担を踏まえた遺言は相続手続きにおいて非常に効果的です。

相続でもめないために、どんな工夫が必要なのでしょうか?それは遺言です。マイナスの財産や負担を踏まえた遺言は非常に効果的です。相続ではなにをもらうか?ということばかりに目が行きがちですがもらうもののなかにはマイナス財産も含まれてしまいます。
“家族が円満にすすめる相続とはなんだろう”の詳細は »

« 過去の記事